事業案内 Business

現在のページは
ホームの下層の
事業案内です。

「現場管理」を原点に、お客様からの信頼を積み重ねることで
新しい事業分野を拡げて参りました。

事業内容

ゲンバカンリシステムズの事業をひもとく、6つのキーワード

時代が求めるニーズに合わせて、事業内容を変化させてきたゲンバカンリシステムズ。
その事業領域をひもとくキーワードをピックアップしてみました。

キーワード1

「ゲンバカンリ」が事業の原点

「ゲンバカンリシステムズ」という社名に込められた原点は、広島での創業時、ゼネコン等の主要な建築現場に現場監督を派遣していた「人材派遣事業」に由来します。
その後、時代の変化により、既存の建築物の改修に可能性を見出し、それまでに培ったノウハウと人材を活かし「リニューアル事業」へと参入。
人材派遣での経験をステップにして、自ら建築を行う企業へと変貌を遂げました。

キーワード2

事業の柱は「3つのK」

創業から10年を超える歳月を経て、ゲンバカンリシステムズの事業領域は「3つのK」つまり「建築・環境・観光」へと変化して参りました。
一見、関連性がないように見えるこの3分野ですが、「不動産価値を高める」という、まっすぐに貫いた想いから、この3つの領域に辿りつきました。
社会が豊かになるための「3つのK」に私たちは挑戦しています。

キーワード3

不動産価値を高める「リニューアル」

限りある資源を大切にする意味でも、年々ニーズが高まっている既存の建築物のリニューアルやコンバージョン。
年月を経た建築物の増改築はパッケージ化がしにくく対応力が問われます。
私たちは「リニューアルのスペシャリスト」として、設計・デザインから建築、電気工事・設備工事、そしてアフターサービスまで、一貫した自社体制を備えています。

キーワード4

土地活用としての「自然エネルギー」

お客様の不動産を活かし、遊休地を活用するバリエーションを模索するなかで生まれたのが「エネルギーコンストラクション事業」。
自然エネルギーの発電施設は、さまざまな立地条件を持った土地への設置であり、当社の対応力も活かされる分野。
お客様からのご依頼により、一件一件の実績を重ねるうちに、GKSグループにとって重要な事業分野へと成長しています。

キーワード5

「インバウンド」に秘められた可能性

インバウンドへの対応は、日本が直面する重要な課題の一つです。
不足する宿泊施設を確保するため、GKSグループは、ホテルやゲストハウスの建築や、既存の不動産を再活用したコンバージョンなどに力を入れています。
ソフト面も含めた総合提案で、インバウンドと不動産活用の架け橋を目指します。

キーワード6

「信頼」から事業は生まれる

企業が自らの事業範囲を拡げる時、市場の流れを察知して新分野に飛び込む場合もあれば、これまでの仕事への評価から「信頼」をいただきお客様のニーズに沿って新しい分野へ進出する場合があります。
GKSグループは、市場の流れを意識しながら、お客様からの「信頼」に押されるかたちで業務領域を拡大してきました。
これからもお客様の「信頼」に応えて挑戦を続けます。